FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と便利なWindowsキー 

 キーボードを眺めたとき、左手の下に位置するWindowsキー。あるのは知っていても使ったことのない人は多いのではないだろうか。だがこのキーには意外と使用方法があったりする。何のためにあるキーなのか全く分からなかったりする人は、是非この記事を読んでWindowsキーによるショートカットを活用し、自らの作業の効率上昇を目指してもらいたい。

では順番に紹介していこう。

  • Windowsキー
     基本だがWindowsキー単体でスタートメニューを開くことができる。何のためにあるのか分からなかった人も、これで押しても害のあるものでないことが分かっただろう。他のショートカットを覚えるのが難しくても、このキー単体の機能だけは知っておこう。

  • Windowsキー+L
     ちょっと席を離れたいときや、数人でパソコンを利用しているときに便利なのがこのショートカット。即座にユーザ切り替え画面に移行することができる。アカウントにパスワードを設定しているなら簡易的なロックにも使えるので、他人がパソコンを操作できてしまいそうな状況などで役に立ってくれるだろう。

  • Windowsキー+D
     多くのウィンドウを開きながら作業しているときにこのショートカットを知っていると便利だ。このショートカットではデスクトップを表示できるのだ。私などは作業中のファイルをデスクトップに並べることが多いため、よくこのキーのお世話になる。このショートカットを使いデスクトップを文字通り机のように活用しよう。

  • Windowsキー+E
     ひとつ前のショートカットに近いショートカットにWindows+Eがある。このショートカットはマイコンピュータを表示できる。デスクトップにマイコンピュータへのショートカットが貼ってあるなら、一つ上のショートカットを併用して十分早い操作は可能だろう。しかし、せっかくこの機能があるのだからそのツーステップをショートカットワンステップにしてさらなる作業効率向上に努めては如何だろうか?


と、ここまでが簡単なWindowsキーを利用したショートカットの紹介になる。
他にもいろいろなショートカットがあるのだが、一般人が利用する範囲内でこれ以外のWindowsキーショートカットは必要ないように思える。多少使いそうなものにWindowsキー+Rがあるが、この機能はファイル名を指定して実行のダイアログを表示するなので多用することはないかもしれない。多用するのであれば有効なショートカットなため、一応ここで紹介しておいた。



 ここまでWindowsキーを使用するショートカットを紹介してきたが、Windowsキーを使わないショートカットも多数存在する。そんなの常識だよ、というものからそんな機能があったのかというものまで、この場を利用して紹介していきたいと思う。

  • Tabキー
     意外と知らない人が多いこのキーの使用法。インターネットを活用している人なら知っておいて損はない機能が実はこのキーにあったりする。いろいろなサイトを見て回る人ならば、会員制サイトに登録している人は少なくないのではないだろうか。そんなとき必ず必要になるのがIDとパスワードの入力。Windowsに記憶させてもよいのだが、どちらかというとセキュリティー上、毎回自分で入力する方が望ましい。

    オートコンプリート - 記憶させないようにするにはインターネットエクスプローラーの[ツール]-[オプション]メニューを実行し、表示されるダイアログの[コンテンツ]タブにある[オートコンプリート]ボタンをクリックすると表示されるダイアログから、フォームのユーザ名およびパスワード欄のチェックを外せばよい。また、すでに記憶している情報は、その下のオートコンプリート履歴のクリアボタンを押せば消すことができる)

     その方法として、まずIDを打つ場所をマウスでクリックし、キーボードに手をやりIDを打ち込む。そこで一度キーボードから手を放しマウスでパスワード欄をクリックし、そのあとにまたキーボードに手を戻してパスワードを打ち、更にマウスに手をやり確認キーを押す、、という方法をとっている人が多いだろう。事実私の家族もその方法でIDとパスワードを打っている。しかし何度もマウスとキーボードを手が移動するのはめんどくさいだろう。そこで出てくるのがTabキーだ。このキーはダイアログで次のオプションに移動する、という機能を備えている。つまり、ID入力欄をクリックし、キーボードに手をやりIDを打ち込む、そしてTab、パスワードを打ち込む、そしてTab、そしてエンター。これだけで先ほどと同じ操作ができていることになる。いままでマウスとキーボードの間を手が行ったり来たりしていたのが馬鹿らしく思えるくらいの手順省略である。ぜひ活用してみてほしい。(ちなみに前のオプションに戻る、はshift+Tabである)

  • Ctrl+Alt+Delete
     このショートカットではタスクマネージャーを開くことができる。(タスクマネージャーについてはここを参照してみるといいだろう:Windowsの「タスクマネージャ」を便利に使う3つのTips)タスクマネージャー自体を使ったことがない人もいるだろうが、知っておいて損はないので、是非用はなくても一度開いてみることをお勧めする。アプリケーションが、エラーなどで“応答なし”状態になってしまった時や、フリーズ気味になっているときに、エラーのアプリケーションを閉じたり、スタートメニューが開けない状態で再起動ボタンを押したりするためにも必要になる。現在のCPU使用率やメモリ占有などその他の情報も見ることができるので、急に動作が重くなったとき、何が重い原因なのか分ったりもするぞ。



2008年2月20日午前7時更新
まだまだ増やしていきます
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事へのコメント

旗キーにそんな機能があったのか…
使わせてもらいます.

Windowsキー、タスクバーを自動で隠す設定にしてて、なぜかカーソルもってってもバーが出てこないときに使ってたよ。デスクトップ表示してくれるのは便利だねー。俺も使ってみます。

どうぞどうぞリア友たちよ
こんな子ネタをこれからも増やしていくんでよろしくw

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orientieren.blog52.fc2.com/tb.php/12-efb2a705

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。